休日はラジオNIKKEIの競馬放送(競馬実況Web)が良い感じ

WS000126
仕事を終えて自宅に帰って勉強をしている時にradiko.jpでラジオを聞いています。よく聴いているのはFM802の番組が多いです。radikoはパソコンやスマホがあれば、すぐにラジオが聞けますし、チューニングの必要もないので、とても便利に活用しています。

radikoではラジオNIKKEIの競馬放送が良い感じ


WS000127
休日の土日はradiko.jpでラジオNIKKEIの競馬放送(競馬実況Web-公式ページ)を聞いています。テレビで競馬放送を流していない時間帯があるので、非常に助かって利用できています。たまに、ファンのバンドが他府県のラジオ番組に出演した時にもradikoを使えば、現在の地域関係なく聞けるのでありがたいです。

radikoは利用し始めて5年以上は経過していますが、年々サービスの質が向上して使いやすくなっています。電車の中でも特に途切れる事もありませんし、ラジオは機器を持ち運びしなければならないという概念は完全になくなりました。radikoは週に3日以上は必ず利用しています。無料でこれだけ利用できて最高ですが、仮に有料化になったとしても契約して利用すると思います。

たまにモバイルでradikoにアクセスしたときに、地域エリアの誤判定問題などで悩まされたりしたことがありました。ツイッターなどで解決方法をググッてみると、こちらのページなどで解説されていたのですが、モバイルだとエリア判定が不正確みたいですね。なんで最近はパソコンから聞くようにしています。

14 Words

YouTuberになって年収1億円を稼いでみたい人生だった


YouTuberになって年収1億円を稼ぐ人が続出しているみたいですね。続出っていうのは大袈裟かもしれませんが、、、。

この記事で知りました。
YouTubeの広告収入で生活する年収1億超えユーチューバーが凄い!

 

毎日、YouTubeに動画を投稿するだけで年収1億円ってやばいですね。
もちろん特異な才能がなく、誰にでも出来ることではないんでしょうが。

YouTube広告では、個々最近しょっちゅう、「好きなことをして、生きていく」というキャッチコピーとともに
YouTuberさんの宣伝広告が流れます。

羨ましいと思う人もいれば、忌々しいとイラ立つ人もいるかもしれません。
個人的には、人前に顔を晒して稼ぐビジネスモデルというのは、いろいろとストレスが付きまとうものだというイメージが強いので、
年収1億円といわれても少し躊躇しますが。

でも1億円はすごいですね。あれだけ巨大なTwitter社ですら利益で1億円も稼いでいませんからね。
今の若い子や子供世代だと、テレビの芸能人や芸人さんを目指すよりも、YouTuberになりたい、という人も多いかもしれません。
一概にどっちのほうが有望というのはいえませんが。。。

うーん、これは果たしていつまで続くのでしょうか。

8 Words

不動産投資は、銀行から融資を受けないければやる意味がない

不動産投資について、たまに銀行から借りてレバレッジをかけたりせずに、自己資本だけで購入すればリスクもないし、破産したりする心配もないじゃないか!という意見が見られます。たしかに、融資を受けることがなければ、破産のしようがありませんので、破産しないという意味では正解なのかもしれません。

ただ、冷静に考えてみると、レバレッジをかけないなら不動産に投資することの意味って何だろうって思ってしまったりします。不動産の利回りは、都内だと表面利回りで8%くらいだといわれています。その程度の利回りであれば、もっとリスクの低い債権や株式投資、インデックスでも代替できそうです。

不動産は値下がりするリスクもありますし、高い維持、管理費などのコストもかかります。空室率を下げるために広告をだしたり、いつでも転売できるようにリフォームをしたり、固定資産税も払わないといけません。どう考えても、すべて自己資本で投資するならば割りにあわないように思います。

一方、銀行から融資を受けることができれば、自己資本比でのROE(利回り)はかなり高いものになります。例えば、自己資本は1割にとどめて、物件購入額の9割を銀行融資に頼ったとすると、コストは銀行の歴史的にも空前に低い金利くらいしかかかりませんので、それだけ高い利回りが期待できます。

不動産投資における銀行融資は、FXなどの信用取引とは違い、物件価格が下落したとしても、ロスカット(強制決済)されたり、返済を迫られることもなく、低金利で借り続けることができる、非常に有利な資金調達法です。不動産投資を自己資本でやれば安全、という意見をみかけたので何となく書いてみました。

2 Words

レンタルDVDとサイト利用はどちらが便利?

レンタルDVDショップの主流といえば、やはりツタヤですね。
他にもgeoといったショップも人気で、各町に1店舗あるといったように全国展開しているはずです。


レンタル代も非常に安く、旧作だと一週間で100円だったり、
新作でも700円程度でレンタルすることが可能です。


連休中や仕事帰りに映画が見たくなってふらっと寄るといった感じに、
誰もが一度は利用したことがあると思います。


最近ではネット上のサイトに、月額料金や動画単体で購入料金を払うことで映画などを視聴することができるサイトも多くなってきました。
有名なところとして、huluが月額980円で観放題になっています。


料金自体も非常に安く、月に10本以上映画を視聴する人でしたら、
こういった動画サイトを利用したほうが安く済むこともあります。

最近ツタヤでは、DVDをネットで注文して、ポストに投函することで返却が可能なサービスも展開しており、
非常に利用が楽になってきています。
動画サイトでしたら、部屋でくつろぎながら観る映画を探して、
そのまま視聴できるなど、わざわざ店舗に行かずに映画が観れるのが非常に好評です。


お店でDVDを選んでいる時間も楽しいものですが、動画サイトとレンタルショップでは、どちらがお得なのでしょうかね。

5 Words

DVDのコピー方法を紹介します。

買ってきたりレンタルDVDえお借りに行って、すごい面白い映画にであっちゃいましたら、

可能ならば、家のC内に残しておくが理想的ですよね。

 

基本的にDVDやブルーレイにはコピーガードがかかっていて、PC上でただコピーをするといったことは出来ません。

コピーするにはコピーガードを解除する必要が有ります。

ですが、このコピーガードを解除するのは違法になってしまいます。

 

ネット上にはコピーガードを解除するためのフリーソフトがいくらでもありますので、

コレを使えば簡単にコピーできてしまうんですよね。

ただ、犯罪になってしまうので、使わないようにしましょう。

 

 

では、安全なコピー方法はないのか?

実は有ります。

 

安全なDVDのコピー方法は、キャプチャー保存です。

現在の法律で、キャプチャーを禁止する法律はあ有りません。

再生されている動画をキャプチャーする分には何も問題は有りません。
ただキャプチャーといっても、やり方はメジャーではないので、簡単に出来る方も少ないと思います。


キャプチャー専門のソフトや、PCと接続してキャプチャー保存できるハードも売っているので、
これらを使ってDVDやブルーレイをコピーしてみましょう。

コピーして私的利用はいいのですが、販売などはしてはだめですよ。

 

 

14 Words